えんじゅ

名前を呼んで

名前を呼んで


 名前を聞いて、できるだけたくさん名前を呼びかけること。それが旅先で人と仲良くなるコツだと思う。僕も現地の人から「ヒロ!」と名前を呼んでもらえると、とても嬉しい。"h"を発音しない国では「イロ!」となってしまうのだが、それもとても嬉しい。
 そのことを強く思ったのはタイを旅したときで、2日間一緒にいたタイ人に僕はずっと「ジャパニ(日本人)」と呼ばれていた。ちゃんと出会ったときにお互い名前を名乗ったにも関わらず。その「ジャパニ」という呼ばれ方は、あまり気分が良いものではなかった。
 それ以来、僕は出会った人に名前を聞くと忘れないようにメモするようになった。そして何度も名前を呼びかけるようになった。
 それはきっと旅先に限らない。日本でも人と話すときには、たくさん名前を呼びかけることが親しみを深めることにつながると思う。付き合いが始まったばかりの人なら、なおさら。

 タリンとイブハナン。チヤ屋で出会って、家に招待してくれた兄弟の名前。タリンはいつもフルチンのまま、僕の膝の上に乗っかってくるのだった。
カントリー・ロード  |  記事の一覧に戻る  |  バンダのはじまり