えんじゅ

ダミー・シャッター

ダミー・シャッター


 ネパール人の美意識なのか、写真に撮られる機会が少ないせいなのか、よくわからなかったが、ポートレートを撮ろうとレンズを向けると、にわかに顔つきが硬くなる人が多かった。ついさっきまであんなに良い表情をしてたのに・・・と思う場面が少なくなかった。

 そこで柔らかい自然な表情を撮るために、ちょっとした策を講じることにした。
 いつも「ティーン(3)、ドゥイ(2)、イック(1)」とカウントダウンしてシャッターを切るタイミングを知らせていたのだが、それをダミーのシャッターにして、「ティーン」の時にこっそり一度シャッターを切っておくことにしたのだ。
 すると、よそ行きのおめかし顔になる前の、あけっぴろげな素顔の瞬間を切り取ることができるのだった。


ダミー・シャッター前

ブラウン・シュガー  |  記事の一覧に戻る  |  いつか来た道